サイト新規開設!

ITとは? ~知られざるITの3つの定義~

ITとは?

どうも、みなさんこんにちは、よしです。

この記事では、「ITとは」について解説していきたいと思います。

「IT革命」や「IT企業」など、ITという言葉はとても良く聞く身近な言葉です。しかし、いざ「IT」という言葉を説明しようとすると、なかなか難しいものです。ITという言葉の起源を辿ると、ITは「3つの定義」で成り立っていることが分かりました。このITの3つの定義を読み解きながら、それが当てはまる身の回りのIT製品についても説明します。

ほな、いきましょう!

ITという言葉の起源

ITInformation Technologyの略語で、日本語では「情報技術」とか「情報処理技術」と言われています。


ITという言葉が初めて使われた記事

このInformation Technologyという言葉が初めて使われたのは、経営学誌であるHarvard Business Reviewの、1958年に発行されたある記事、と言われています。

ITは3つの定義で構成

興味深いことに、そこには、「ITは三つの構成要素からなる」と記載されています。それらについて、一つずつ見ていきましょう。

ITの3つの定義

ITの定義 その1

Techniques for processing large amounts of information rapidly

Harvard Business Review

まず1つ目の定義は、「大量の情報を瞬時に処理する技術」です。


ITとは大量の情報を瞬時に処理する技術(売上を計算)

例えば、スーパでは毎日大量の売り上げがあるでしょう。

ITとは大量の情報を瞬時に処理する技術

その売上額を表計算ソフトに入力しさえすれば、瞬時に合計額を算出することができます。また、ボタンをクリックするだけで、日毎の売上や、内訳を棒グラフや円グラフに表示することができます。

言い換えると、「大量に入力された売り上げという情報を、瞬時に処理した」ということです。つまり、これはITだということができます。

ITの定義 その2

The application of statistical and mathematical methods to decision-making

Harvard Business Review

そして2つ目の定義は、「意思決定への統計的、数学的手法の適用」です。


みなさん、外出する際に傘を持っていくかどうか、どうやって判断していますでしょうか?おそらく天気予報をご覧になるのではないかと思います。さて、この天気予報の「降水確率はどのように決まっているか」ご存知でしょうか?

ITとは統計的/数学的手法を適用する技術(降水確率の計算方法)

降水確率は、現在の温度や湿度、風速、風向などの観測情報から、過去に同じ様な観測パターンをとった日を調べ、その日の実際の天気はどうであったか、と言う統計データをもとに算出されます。上図の例の場合、現在と同等の観測パターンであったとき、過去、雨が4回、晴れが1回であったことから、降水確率は80%だと計算されます。

ITとは統計的/数学的手法を適用する技術

そして、この80%という確率から、傘を持っていこうと判断することになります。

言い換えると、「傘を持っていくかどうかの意思決定に対して、統計的なデータを適用している」ということです。つまり、天気予報から傘を持っていく判断をするのは、ITだということができます。

ITの定義 その3

The simulation of higher-order thinking through computer programs

Harvard Business Review

最後の3つ目の定義は、「コンピュータプログラムによる高度なシミュレーション」です。


ITとは高度なシミュレーション技術

一番わかりやすい例は、テレビゲームではないでしょうか。例えば、マリオカートなどのレーシングゲームは、車の挙動をテレビゲームというコンピュータプログラムによって模擬していると言うことができます。

言い換えると、「ゲーム機というコンピュタが、車の動きを高度にシミュレーションしている」と言うことです。つまり、これもまたITの一種だと考えることができます。

ITの具体的な製品

ITとコンピュータの関係性

この記事を読んでいると、コンピュータやプログラムという言葉に何度か出くわします。これは「IT」、つまり、「大量の情報を高速に処理したり、統計的計算をしたり、シミュレーションを実現できるデバイスは事実上、コンピュータしかない」、ということを示しています。

ITはコンピュータによって実現

実際、表計算ソフトはコンピュータで動作しますし、天気予報を割り出すのに高度なコンピュータを使われているそうですし、また、ゲーム機もコンピュータの一種と言えるでしょう。


ITはコンピュータに関連する技術

このように、「ITとは、コンピュータに関連するテクノロジ」だと読み替えることができます。

身の周りのIT製品

身の回りのIT製品(スマホ・サーバもコンピュータ)

「コンピュータ」と聞くと、パソコンを想像されると思います。コンピュータには、パソコン以外にも、普段お使いのスマートフォンや、Web技術の実現には欠かせないサーバ、などの種類も存在します。

身の回りのIT製品(生活家電もコンピュータを搭載)

そして、日常生活で使用されている電子レンジや炊飯器などの生活家電にもマイクロコンピュータと呼ばれる、小さなコンピュータが入っています。加えて、自動車や飛行機、などにも複数のコンピュータが組み込まれていて、それらが乗り物を緻密に制御しています。


このように、ITは現代において、我々の生活と切っても切れない関係にあり、どこかで皆さんが必ず恩恵を受けている技術だといえます。裏を返せば、ITはそれだけ重要であって、また非常に需要が高いということです。

まとめ

最後に、振り返りながらここまでの内容をまとめていきます。よく聞く言葉だけれども、定義はあまり知られていないIT。その「ITとは?」について解説してきました。

まとめ

ITとは、

  • 瞬時に大量の情報を処理する技術
  • 統計的/数学的手法を適用する技術
  • シミュレーションの技術

の三つの要素から成り立っている技術でした。

また、ITとは、

  • コンピュータに関連する技術
  • 皆さんの生活を支えている技術

ということを説明しました。


ということで、今回は以上になります。

よし

ここまで、記事をお読み下さり、ありがとうございました。次回以降は、ITについて、さらに掘り下げていきたいと思います。

ほなね!