MENU

YouTube

YouTube始めました!
、だからさらに・・・分かる!

プロフィール

よし

IT/情報技術を独自の視点で噛み砕いて可視化し、初心者の方にもわかりやすく解説していきます!


\Follow me/
サイト新規開設!

アプリケーションとは? ~価値を生み出すソフトウェア~

アプリケーションとは?

どうも、みなさんこんにちは、よしです。

この記事では、ソフトウェアの一種である「アプリケーション」について
解説します。

「アプリは何故アプリと呼ばれているのか?」、「アプリケーションの役割は何か?」を説明しながら「アプリケーションとは?」について解説していきたいと思います。

ほな、いきましょう!

アプリケーションとは?

アプリケーションの上位概念について

アプリケーションの説明をする前に、その上位概念であるソフトウェアについておさらいをします。

ソフトウェアはハードウェアの制御の仕方をCPUへ教える指示書

ソフトウェアとは、「マウスやディスプレイなどの装置をどのように制御するのかをCPUに教える指示書」でした。

CPUとは?
~コンピュータの頭脳に迫る~
ソフトウェアによるブラウザクリックの制御

ご存知の通り、ブラウザ上でマウスをクリックすると、あるときにはページが戻り、あるときにはページが進みます。マウスの視点に立てば、クリックという全く同じ操作をしているにもかかわらずです。この動作の違いを生み出しているのがソフトウェアです。ソフトウェアが、例えば「この状況におけるクリックは『戻る』を意味する」と判断し、CPUへ「前のページを表示しろ」と指示しているのです。


ソフトウェアのパターン数は無限大

このソフトウェアによる装置の制御パターンの数は無限大です。ソフトウェアを書くことによって装置を自由に操作することができます。言い換えると、ソフトウェアの作り次第で、様々な機能を提供することができるということです。

人々のニーズに沿った機能を提供するソフトウェアがアプリケーション

そして、人々の要求に応じて様々なソフトウェアが開発されてきました。音楽アプリやメッセージアプリ、地図アプリや動画アプリなど、皆さんも使用されていることでしょう。このように、人々のニーズに合わせて特定の機能を提供するソフトウェアがアプリケーションの正体です。

アプリケーションとは?

アプリケーション=応用ソフトウェア

「アプリケーション」、通称「アプリ」とは、アプリケーションソフトウェア(Application Software)の略で、日本語では「応用ソフトウェア」と呼ばれています。

アプリケーションとは個々のニーズを満たすために作られるソフトウェア

応用とは、「具体的な個々の事例にあてはめて用いること」です。言い換えると、応用ソフトウェア、つまりアプリケーションとは「人々の具体的なニーズにあてはめて開発されたソフトウェア」ということです。例えば、音楽を聴きたいという人々の具体的なニーズを満たすために開発されたソフトウェアが音楽アプリケーションとなります。

また、アプリはなぜアプリと呼ばれているのか、それは「応用ソフトウェア」という名称を英語にした頭文字が由来と言えます。

アプリケーションの理解を深める

アプリケーションの具体例

理解を深めるために、音楽アプリとメッセージアプリについて考えてみましょう。

音楽アプリは、音楽観賞を目的に開発されたアプリケーションです。そして、メッセージアプリは、家族や友人同士でメッセージを伝えることを目的に開発されたアプリケーションです。

これらアプリケーションの動作を簡略化すると次のようになります。

音楽アプリ

音楽アプリ
  • 楽曲をダウンロードする
  • ディスプレイに楽曲の一覧を表示する
  • タッチスクリーン/マウスからの再生や停止の指示を受け付ける
  • 指示に従って音楽をスピーカから流す

メッセージアプリ

メッセージアプリ
  • メッセージを受信するとスピーカーから通知音を鳴らす
  • 受信したメッセージをディスプレイに表示する
  • タッチスクリーン/キーボードからの返信メッセージの入力を受け付ける
  • 返信メッセージを相手へ送信する
どのアプリケーションもハードウェアを使用する

この動作を見て気付くことはありませんでしょうか?それは音楽アプリもメッセージアプリも、ディスプレイに表示したり、タッチスクリーンやマウス、キーボードから指示を受けたり、スピーカから音をだしたり、インターネットからデータの送受信をしているということです。実際、この二つのアプリケーションに限らず、ほとんど全てのアプリケーションは、ハードウェアを使用してユーザへ機能を提供しています。

ハードウェアを操作する処理は一元管理

本来、これらのハードウェアを操作するには複雑な手順を踏む必要があります。そのため、その複雑な手順をアプリごとに実装していては非常に効率が悪くなります。よって、ハードウェアを操作する処理をどこかで一元管理し、アプリケーションはその管理者に「これをディスプレイに表示して」、「この音をスピーカに流して」と指示するだけに留めるのが合理的な設計と言えるでしょう。

アプリケーションを支えるソフトウェア

オペレーティングシステム

このように、ハードウェアを操作する処理を一元管理し、その複雑な処理を意識せずアプリがハードウェアを使用できるようにしている、言い換えると、ハードウェアに依存した処理を隠蔽してくれているのが、「オペレーティングシステム(OS:Operating System)」です。

オペレーティングシステムの種類

代表的なオペレーティングシステムには、WindowsやmacOS、Linuxなどがあるのはご存知でしょう。また、スマートフォン向けのOSとしては、AndroidとiOSが市場の大多数を占めています。アプリケーションは、ハードウェアの処理などをオペレーティングシステムに依頼し、代わりに操作してもうらことで動作しています。この処理の依頼の仕方は、各オペレーティングシステムによって異なっています。そのため、オペレーティングシステムが異なればアプリケーションも専用に開発し直す必要があるのです。

二種類のソフトウェア

ここまでを整理すると、アプリケーションはメッセージアプリや音楽アプリに特有の処理、つまり個々の事例を処理するソフトウェアであり、オペレーティングシステムがハードウェアなどの操作を処理するソフトウェアです。

ソフトウェアの種類にアプリケーションとオペレーティングシステムがある

このように、ソフトウェアは、アプリケーションとオペレーティングシステムの二つに大別することができます。

注釈

    複数のアプリケーションで共通する処理を束ねたソフトウェアを「ミドルウェア」呼びます。また、このミドルウェアとオペレーティングシステムを合わせて「システムソフトウェア」と呼びます。ソフトウェアは、アプリケーションとシステムソフトウェアの二つに分類できる、という考え方も存在します。

もしアプリケーションがなかったら?

ここまでの説明で、アプリケーションとは、ソフトウェアの一種であって、人々の具体的なニーズを満たすために開発されるソフトウェアだということがお分かりいただけたかと思います。

アプリがインストールされていないスマホはただの鉄の塊

では、もしスマートフォンにアプリケーションが一つもインストールされていなかったら、どうなるのでしょうか?これは、電話をかけたり、メッセージを送り合ったり、音楽や映画を鑑賞できない状況と言えます。つまり、アプリケーションがないと、スマートフォンは全く役に立たないただの鉄の塊になってしまいます。

アプリケーションは価値を生み出すソフトウェア

逆に言うと、アプリケーションとは、開発者の創意工夫で様々な価値を生み出す、ソフトウェアだと捉えることができます。スマートフォンのハードウェアを刷新することなく、アプリケーションをインストールすることによって、新しい価値を享受し続けることができるのです。

まとめ

最後に、ここまでの内容を振り返ってまとめたいと思います。今回、「アプリケーションとは?」について解説して来ました。

まとめ

アプリケーションは、

  • 人々の具体的なニーズに沿って開発されたソフトウェアであること
  • 応用ソフトウェアを意味し、その英語の頭文字をとって「アプリ」と呼ばれていること

を解説しました。また、アプリケーションの特徴として、

  • 開発者の創意工夫で様々な価値を生み出すことのできるソフトウェアであること
  • アプリケーションが一つもインストールされていないスマートフォンは、役に立たないただの鉄の塊であること

を説明しました。


ということで、今回は以上になります。

よし

ここまで、記事をお読み下さり、ありがとうございました。

ほなね!